スポンサーサイト

--.--.--

category : スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

メモリア動画制作

2009.04.25

category : Nive使い方

こんばんわ。エリーシャ@とめです。

明日仕事だー^p^わーい!行きたくねぇ~!

・・・


メモリアなんですが再生数が何気に伸びてますね。どうしたんだろう。その割にはマイリスとコメントが増えてないんですけれど・・・。でもこの御時世、一日でここまでいければいい方ですね!そうですかよくないですかそうですか。
自分的にはこれで満足なのですw

支援してくれている皆様、聴いてくれた皆様、本当にありがとうございます。


今回の動画なんですが、画面4分割をちょこちょこと取り入れています。単純な動画もこれでクオリティーUP!間違い無しです!!間違いですかそうですかorz


必要無いかもしれませんが一応作り方を・・・。

まずはじめに、素材となる動画を作成します。サイズはニコ動標準の512×384でいいでしょう。

そしたらそれをNiveに持っていきます。左上、右上、右下、左下分タイムラインに読み込みます。
同じ名前のトラックが4個出来上がるのでそれぞれに分かりやすく名前をつけましょう。

そしたら各トラックのトランスフォームにあるサイズを256×192に設定しましょう。
右クリック→キーフレームのコピーでコピペが出来るので楽ですね。

次に各トラックのトランスフォームにある位置を設定します。

メモリアサンプル
みかづき礼樹さんのイラストで失礼します。(字が汚くてすみませんorz)

左上 : 位置 (0  × 0)←これは初期設定ですのでそのままでけっこうです。

右上 : 位置 (256 × 0)

右下 : 位置 (256 × 192)

左下 : 位置 (0  × 192)

これで画像のようになるはずです。あとはお好みに合わせて色付けしていきます。


Psdファイルで4分割をする場合はマテリアルを使います。
私はあらかじめPsdファイルをフォトショで4分割してから今回使いました。

512×384のPsd を 左上、右上、右下、左下各256×192に4分割して使っています。
動画中の3分30秒あたりに使っています。(他にもつかってたかなー)

はじめに4分割したPsdを全て読み込みます。それをタイムラインに読み込みます。
4つのトラックがタイムラインに出来上がります。
ここでも分かりやすい名前に変えておきましょう。

各トラックのマテリアル、位置で設定します。

左上 : 位置 (256 × 192)←これは初期設定ですのでそのままでけっこうです。

右上 : 位置 (512 × 192)

右下 : 位置 (512 × 384)

左下 : 位置 (256 × 384)

これで分割したPsdが元の形に戻ったはずです。
あとは煮るなり焼くなり自分好みに調理しましょう。

さらに細かくするとこんな風になります。
メモリアサンプル2

これを個々に扱えたらすごいと思いませんか思いませんねそうですね。

トランスフォームもマテリアルも単純明快な数値で載せても意味無いような気もするんですが・・・。
活用していただければ幸いです。

あ、あと雪の結晶も親で移動させます。Psdファイルはどうもトランスフォームの”位置”で動かす場合、そのファイルのピクセル内でしか動かせないみたいです。
フォトショで移動ツールを使った感覚です。(わかりませんね^^;)この辺りは自分で確かめてみるとわかると思います。




※ピアプロコラボの方へ
このブログに目を通してくれているか分かりませんが・・・。
今回は突然脱退して申し訳ありません。
ここから先、長い期間コラボへの参加が難しくなってくる為脱退させて頂きました。
参加出来ないのに名前が載っているというのは自分としては良い気がしないのです。
これは人それぞれ考え方が違うと思いますが、私としてはこんな考えなのです。
身勝手な行動をお許し下さい。
次の作品も期待していますので頑張って下さい!

                                                  おわり

今日の曲もお休みします・・・。





スポンサーサイト

comment(0)  trackback(0)

もう金曜日 と Niveの簡単な使い方

2009.04.03

category : Nive使い方

こんばんは。エリーシャ@とめです。

一週間経つのが早い!明日はもう金曜日ですね。

・・・・・・

何も代わり映えせずブログのネタも特に無くて困っています・・・。
今日会社で足の皿の下をぶつけて悶絶しました・・・。

・・・・・

そんな時ににゃっぽんのぽんふれの短足丸さんが新曲をUPしてくれました!


すごい世界観!曲の雰囲気と動画が見事にマッチしていますね!半年ぶりくらいの動画UPという事でやはりこの方もLvが上がっています。ちょっと見て行って下さいよ!動画もすごいんだから!


話は変りましてNiveの簡単な使い方を説明しようとスクリーンショットを試したところまた画像が取れなくなりましたorz なんでだろう;;なので文章で少しだけ解説しようと思います。需要は無いと思いますが・・・。


■フレーム計算の仕方?

デフォルトで1秒30フレームですので5秒後には150フレームになります。
ええと、フレームっていうのはパラパラ漫画の1ページと考えて下さい。1秒間に30ページ分オブジェクトを動かせます。 ワケワカンネ。

多分みなさんストップウォッチなんかで時間を計りながらフレーム計算をしていると思います。
「ええと、Bメロの最初から 歌詞が入るまでは・・・3秒32・・・だから・・・30フレーム×3秒=90フレームっと。  コンマ32は・・・ワカンネ」

みたいな感じの人もいるかもしれません。そんな時はWMMで先に下敷きを作っちゃいましょう。

曲の要所要所で目印になるように画像を切り替えるんです。「voice in the dark」の一番Bメロ、教会の写真が切り替わるところ、覚えてますでしょうか。あれは動画に加工してありますが、あんな風に先にWMMで曲の要所で画像を切り替えただけの動画を作っちゃいます。

「voice in the dark」の一番Bメロでいうと 
ドン♪ ドン♪ ドン♪ ドン♪ 画像切り替え ドン♪ ドン♪ ドン♪ ドン♪ 画像切り替え って感じです。(何この書いてる人しかわからない説明と思ってはいけない)

出来上がったらNiveへ持っていきます。

ここまでがフレーム計算の仕方?です。皆さんわかりましたかわかりませんねそうですね。



■キャラクターの作成
まずはじめにNiveの 「psd読み込みプラグイン」 をインストールしましょう。(psdを使わない人はいらないです)
DL出来るサイトは、Niveのwikiに行けばわかります。

次にpsdファイルをレイヤー表示出来るソフトを用意します。私はフォトショップで作っています。多分SAIでも可能です。

psdファイルを開いて、動画の中で使いたいレイヤーだけを表示します。
例:キャラクターのみ、背景のみ など

使いたいレイヤーだけ表示したらそのまま保存します。自分で分かりやすい名前にしましょう。

キャラクターはこれでOKです。



■Niveに読み込む

まずはNiveを立ち上げます。

左上の ファイル から 新規フロジェクトを選択します。保存場所、名前を決めます。

コンポジションの設定が表示されます。ここでフォーマットが変えれます。作成するアニメーションによって 長さ を調節しましょう。他の設定は弄らなくてもOKです。   そのまま OK で。


そうすると アイテム  ヒストリー タイムライン  ブレビュー というウインドが表示されます。
(最初から表示されてますが・・・。)

はじめに アイテム というウインド上で右クリックします。
その中から ファイル読み込み→VFWInput を選択します。先ほどWMMで作った下敷き動画を選択します。

アイテムウインドの  Folder の左にある小さい▼をクリックします。

そうすると先ほど選択した下敷き動画が入っています。(Video 動画名 と表示されているはず)
それを選択し 右クリック→タイムラインに追加 を選択します。 


同じように今度は先ほど作ったキャラクターのpsdファイルを読み込んでみましょう。

ファイル読み込み→PsdInput キャラクターのpsdファイル選択 あとは下敷き動画をタイムラインに送ったのと同じようにして下さい。

ここまで出来ればもうファイル読み込みは直感的に出来ますよね。ファイルのフォーマットごとに色々と試してみて下さい。


あ、タイムラインウインドウで一番上に来ている物がプレビューウインドで一番手前に表示されます。
タイムラインウインド  Comp 1 に表示されているキャラクターのpsdファイル名を右クリックして 上に移動 を実行してください。




■キャラクターの動かし方

プレビューウインドウの再生ボタンを押してみてください。そうするとタイムラインのピンク色のカーソルが動くのが分かると思います。そのカーソルがあるフレームが、今プレビューウインドウに写ります。
試しにキャラクターのpsdを動かしてみましょう。

タイムラインの 50 フレーム目にピンクのカーソルを合わせて下さい。フレームナンバーはタイムラインウインドの一番上の目盛りで分かると思います。

あわせたらそこでタイムラインウインドの psd動画名の左の▼をクリックします。

▼エフェクト
▼マテリアル

とでます。

▼エフェクトの ▼をクリックしてください。

▼ トランスフォームと出ますね。ここでキャラクターを動かします。

試しに トランスフォームの中の ”位置” の右にある 0 をドラッグしてみてください。キャラクターが動いたと思います。それと同時にタイムラインに ● が出ます。 これを キーフレーム と呼びます。

そしたらピンクのカーソルを最初の1フレームに持っていきます。1とは表示されてありませんが一番左側になります。そこの 位置  でダフルクリックします。(タイムライン上でダブルクリック)
そうするとまた●のキーフレームが出来ます。
もう一度ダブルクリックすると1フレームから 先ほどの 50フレームまで青いラインが出来ます。
出来たら再生してみて下さい。キャラクターが動きましたか?

これが基本的な動かし方になります。

同じように不透明度、サイズ 回転など弄ってみてください。もう分かると思います。
プラグインエフェクト類も基本的に同じなので色々試してみてください。


この先に出てくるのがフレーム計算です。Niveは基本音を出しながら編集出来ません。(出来ないと思います・・・。) なので曲に合わせて動画を作るにはフレーム計算が必要になってくるのです。最初に書いた通りめっちゃメンドクサイです!そこで登場するのが最初に作った 
                下敷き動画!(大山のぶ代風に)

です!最初から目印的な曲に沿った動画を作ってしまえば計算なんていらないぜー!と馬鹿が馬鹿なりに考えましたw
そして出来上がったのがこちら↓


になります・・・。

わかりましたかわかりませんねそうですね。
私は特に何を読んだわけでもなく弄っていたら使い方がわかってきた^p^って感じなので詳しい事はわかりません・・・。ですが質問があったら分かる範囲で しかも片言の日本語で応えますので何かあったらコメントでも下さい。でも自分で弄る事が大切ですので頑張って下さい。

あ、マテリアルの親は回転や色彩エフェクトを使う時に使いますので弄って見て下さい^p^;;


                                               おわり

 今日の曲はお休みします。最近休みがちですね・・・。













comment(6)  trackback(0)

PIAPRO

お気に入り音楽
by エリーシャ
リンク
このブログをリンクに追加する
最新トラックバック
RSSリンクの表示
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード

Copyright ©こんな音どうでしょう. Powered by FC2 Blog. Template by eriraha. Photo by sozai-free 2000px.

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。